名古屋にある医学部専門予備校で浪人生活をしています

名古屋の予備校から医学部に行く

そんな時、母の妹である叔母さんは訪ねてきてくれて、ゆっくり話しをきいてくれるようになりました。
叔母はカウンセラーの仕事をしているので、家に引きこもってしまう理由を分析して、改善する方法を提案してくれました。
まずは、目の前のことを1つずつ片付けていったらいいと提案されたので、以前から気になっていた高校卒業資格を手に入れたいと考えるようになりました。
そこで高卒認定試験の勉強をすることにしたら、勉強に集中していると余計なことを考えなくて済むので、楽しいと感じるようになりました。
一度の受験で高卒認定試験に合格することができたので、次は大学受験をすることにしました。
志望していた医学部のレベルは高かったようで、受験に失敗したことから、今度こそ合格するために名古屋にある予備校メディカルラボに通って浪人生活を始めることにしました。
予備校に併設されている寮で浪人生活をすることになったので、引きこもっている状態では生活ができなくなったことから、自然と引きこもりを改善できるようになりました。

高校から日本へ日本の高校が合わず引きこもりに名古屋の予備校から医学部に行く